生活・手続き

空家等の適正管理について

空家等の適正管理について

 近年、少子高齢化の影響により空家等が適正に管理されず、建物の一部が敷地外に崩れ落ちたり、敷地で生い茂った草木が隣家まで越境するなどの諸問題が増加しつつあります。これに伴い、市には雑草の繁茂、害獣・害虫の被害、防犯上の心配事などに関する市民や行政区等から相談や苦情が多く寄せられています。そこで市では、空家等が放置され、管理不全な状態となることを防止すること及び管理不全な状態の解消を促すことにより、生活環境の保全や防犯のまちづくりに寄与するとともに、空家等の有効活用を図ることにより、市街地における定住の促進や地域交流拠点の整備等を図るため、「牛久市あき家等の適正管理及び有効活用に関する条例」(以下「条例等」という。)を平成24年7月1日より施行しました。
 一方、国でも平成27年5月に「空家等対策の推進に関する特別措置法」(以下「法」という。)が施行され、国が空家問題に本格的に取り組むことになりました。
 市では、条例等及び法に基づき空家等の対策を推進していきます。また、関係機関と連携し、空家等の適正な管理や発生予防、利活用について市民等の意識啓発等を行っていきます。

市発行パンフレット: 空家パンフレット(PDF形式/4.13MB)
※市役所窓口等で配布しています。

空家等とは(法第2条第1項)

 建築物又はこれに附属する工作物であって居住その他の使用がなされていないことが常態であるもの及びその敷地(立木その他の土地に定着する物を含む。)をいう。ただし、国又は地方公共団体が所有し、又は管理するものを除く。

空家やその敷地の管理は所有者・管理者の責任です

 空家は個人の私有財産であり、その管理は空家所有者及び管理者(以下「所有者等」という。)が行わなければなりません。近年、適正な管理が行われていない空家が増加しており、台風や地震などの際に部材の落下や飛散など周辺への危害が懸念されています。また、敷地の樹木や雑草が繁茂して、周辺の生活環境衛生上問題になることや、不法侵入や火災の発生など防災・防犯上の問題にもつながります。
 所有者等は、隣の敷地や道路など周辺への支障がないように定期的に見回るなど十分注意し、管理することが必要です。所有者等の皆様は、自分が所有している空家等を定期的に点検する、自分で管理出来ない場合は、業者等に依頼するなど、所有者等の責務を果たすことに努めて下さい。
※建物が倒壊し、物が落下するなどして近隣の家屋や通行人などに被害を及ぼした場合、建物の所有者等は、損害賠償などの管理責任を問われることがあります。管理不全となっている空家が問題となる前に、所有されている家屋について考えましょう。

【参考】民法<抜粋>

(土地の工作物等の占有者及び所有者の責任)
第717 条
 土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。

次のようなことに注意し、空家等の適切な管理をお願いします。

空家等を管理するにあたって注意点
声かけ 空家にする場合、ご近所の方や行政区に連絡先を伝えておくなどの声かけを行なっておく。
雑草 雑草が繁茂していないか定期的に点検し、適切に除草する。
庭木 庭木が隣地や道路に越境していないか定期的に点検し、適切に剪定する。
不審者・ゴミ 玄関、窓、門扉などの鍵をしっかり掛け、不審者の侵入やゴミの不法投棄を予防する。
害虫・害獣
シロアリ、スズメバチやタヌキ、ハクビシンなどの害虫・害獣の発生の予防・駆除を行なう。
火災・地震 空家でも加入できる保険に入り、火災や地震などのリスクに備える。
瓦・壁 瓦の剥がれ、壁のヒビ、雨漏りなどが無いか点検し、傷みがあれば補修する。
カビ・腐朽 カビの発生や柱などが腐るのを予防するため、月1回程度の通風・換気を行なう。

 

空家等に関する情報提供のお願い

 周辺の生活環境に著しく影響を及ぼしている空家等に関する情報については、空家対策課までお寄せください。当課にて、空家等の状況を確認し、必要に応じて所有者等に助言、指導等を行い、空家等の適切な管理を促します。
 牛久市役所 建設部 空家対策課(牛久市役所分庁舎1階) 
 電話番号029-873-2111(代)内線2531、2532 

相続登記を忘れずに

 近年、マスメディアでも報じられておりますが、『相続登記』がされないまま放置されているため、所有者の把握が困難となり、所有者不明の不動産の問題が生じています。相続登記がされないことが、適切な管理がされない空家等が増加している大きな要因のひとつであるとの指摘もされています。
 ・不動産登記は、土地や家屋等の不動産の現況と権利関係を明確にすることができます。
 ・不動産を相続した際は、忘れずに相続登記をしましょう。
 ・相続登記申請は、ご自分ですることができますし、司法書士等に依頼することもできます。

牛久市を管轄する法務局

・水戸地方法務局 取手出張所(外部サイトへリンク)
 住所:〒300-1514 取手市宮和田1784番地1
 電話:0297-83-0057
・法務省:未来につなぐ相続登記(外部サイトへリンク)
・法務省:不動産登記申請手続(外部サイトへリンク)
・日本司法書士会連合会ホームページ(外部サイトへリンク)
・茨城司法書士会ホームページ(外部サイトへリンク)

空家に関する関連情報

国や茨城県など空家に関する情報はこちら
国(国土交通省)の空家等対策の推進に係る特別措置法関連情
(外部サイトへリンク)
茨城県の空家等対策関連情報(外部サイトへリンク)



関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは空家対策課です。

分庁舎1階 〒300-1292 茨城県牛久市中央3丁目15番地1

電話番号:029-873-2111(内2531,2532) ファックス番号:029-872-2955

問い合わせフォームはこちら

アンケート

このページに対するご意見やご感想をお聞かせください。なお、寄せられたご意見などへ、個別の回答は行いません。
住所・電話番号など、個人情報を含む内容は記入しないでください。
それ以外の市政に関するご意見・ご提案などはこちらからお願いします。

Q.このページはお役に立ちましたか?