くらし・手続き

転出届(2020年1月22日更新)

転出・・・・・牛久市から市外へ引越すときは?

どこで手続きをするの?

総合窓口課へ提出して下さい。
※ 出張所では受け付けておりません。

何が必要なの?

・窓口に来る人の印鑑 
・印鑑登録証(印鑑登録をしていた場合)
・国民健康保険証(加入している場合)
本人確認のお願い

他にする手続きは?

・国民健康保険・・・国民健康保険証の返却をお願いします。
・国民年金・・・来庁された場合は変更の手続きをお願いします。
・医療費助成制度(マル福)・・・詳しい内容はお問い合わせください。
・長寿医療(後期高齢者医療)保険・・・詳しい内容はお問い合わせください。
(担当:医療年金課

・児童手当・・・当該住所地での児童手当の受給資格が消滅し、新住所地で受給するようになります。新住所地での手続きには児童手当専用の所得証明書が必要になります。(所得証明書は、1月1日現在の住所地で発行されます。)
(担当:こども家庭課

・介護保険・・・要介護認定を受けていた方は、新住所地で介護認定の引継ぎを行います。転出届出時に受給資格証明書を発行しますので、新住所地へ転入時にご提出ください。
(担当:高齢福祉課

・行政区加入(変更)のお願い・・・ご本人の同意を得た方に行政区への情報提供書を提出いただいております。詳しくはこちらをご覧ください。「行政区・自治会加入のおねがい
(担当:市民活動課

いつ手続きすればいいの?

・新住所地に住み始める予定日の14日前から手続きできます。
※注意…転入の手続きは新住所地へ住み始めてからでないとできません。
・取扱い時間は、月~金曜日(祝日・年末年始を除く)8:30~17:15

郵送での手続きは?

直接窓口へお越しになれない方は郵送で手続きできます。
申請書は下記よりダウンロードできます。

申請書ダウンロードサービス

住民基本台帳カードをお持ちの方の転出

上記と同様の手続きとなりますが、転出証明書は発行いたしません。転出届出が受付された後、転出証明書の替わりに住民基本台帳カードを持って新住所にて転入の手続きをする事となります。また、その際に暗証番号の入力が必要となります。

印鑑登録はどうなるの?

印鑑登録をしている方は、転出の異動日で印鑑登録が抹消されます。抹消する手続きは必要ありません。それ以後、印鑑登録証明書の交付はできなくなります。印鑑登録証明書が必要な場合は、新住所地で新たに印鑑登録の手続きをしてください。再び牛久市に転入されたときも、新たに印鑑登録しなければ、印鑑登録証明書は交付できませんのでご注意ください。

予定が変更になったら?

転出の手続き後に転出予定日(異動日)が変わったり、転入予定地を変更して別の住所に移る場合でも、再度転出の手続きをすることなく、転出証明書をお持ちの上、実際にお住まいになる市区町村役場(役所)に転入届をすることができます。

引越しが中止になったら?

転出の手続き後に転出を取り止める場合は、転出証明書と印鑑をご持参の上、なるべく早く市役所総合窓口課で転出取り消しの手続きをしてください。

手続きにかかる時間は?

・所要時間約15分(混雑時や複雑なものを除く)
※転出証明書交付後の他の手続き時間を含みません。

引越し先での手続き場所など

引越し先での手続き場所、時間、方法等、具体的なことは、新住所地の市区町村役場(役所)へお問い合わせください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総合窓口課です。

本庁舎 2階 〒300-1292 茨城県牛久市中央3丁目15番地1

電話番号:029-873-2111(内線1622~1629) ファックス番号:029-873-2401

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

このページに対するご意見やご感想をお聞かせください。なお、寄せられたご意見などへ、個別の回答は行いません。
住所・電話番号など、個人情報を含む内容は記入しないでください。
それ以外の市政に関するご意見・ご提案などはこちら(市政へのご意見・ご提案の受付)からお願いします。

Q1.このページは見つけやすかったですか?
Q2.このページの内容は分かりやすかったですか?
Q3.このページの内容は役に立ちましたか?
Q4.このページへどのようにしてたどり着きましたか?