くらし・手続き

省エネ改修に伴う固定資産税の軽減措置について(2019年5月7日更新)

平成20年4月1日から令和2年3月31日までの間に、一定の要件を満たす省エネ改修工事を行った住宅については、当該住宅に係る固定資産税が減額されます。

※すでに新築住宅軽減、住宅耐震改修軽減を受けている年度については対象外となりますが、バリアフリー改修と併用して減額を受けることができます。

※この軽減措置は一戸につき一回限りの適用となります。

減額の対象となる住宅の要件

・平成20年1月1日以前に建築された住宅(賃貸住宅を除く)であること。
・自己負担額が1戸当たり50万円を超える省エネ改修が行われたものであること。
・次の(1)から(4)までの工事のうち(1)を含む省エネ基準に適合した工事であること。
・改修後の住宅の床面積が50m2以上280m2以下であること。


 (1)窓の改修工事(二重サッシ化、複層ガラス化など)
 (2)床の断熱改修工事
 (3)天井の断熱改修工事
 (4)壁の断熱改修工事

減額内容

・省エネ改修工事が完了した年の翌年度分に限り、固定資産税が減額されます。
・1戸当たり120m2相当分までの税額の3分の1(認定長期優良住宅の場合は3分の2)が減額されます。

申請に必要な書類

減額申告書(PDFファイル79KB)
・建築士、指定確認検査機関、登録住宅性能評価機関、住宅瑕疵担保責任法人が発行した証明書 (平成29年3月31日以前に工事が完了した場合は「熱損失防止改修工事証明書」、平成29年4月1日以降に工事完了した場合は「増改築等工事証明書」)
・領収書の写し
・認定通知書の写し(認定長期優良住宅の場合のみ)

申請期限
改修工事完了後3ヶ月以内
詳しくは税務課資産税グループまでお問い合わせください。

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課です。

本庁舎 3階 〒300-1292 茨城県牛久市中央3丁目15番地1

電話番号:029-873-2111【内線1051~1054(固定資産税)、1056~1059(市県民税・軽自動車税)】 ファックス番号:029-873-7510

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

このページに対するご意見やご感想をお聞かせください。なお、寄せられたご意見などへ、個別の回答は行いません。
住所・電話番号など、個人情報を含む内容は記入しないでください。
それ以外の市政に関するご意見・ご提案などはこちら(市政へのご意見・ご提案の受付)からお願いします。

Q1.このページは見つけやすかったですか?
Q2.このページの内容は分かりやすかったですか?
Q3.このページの内容は役に立ちましたか?
Q4.このページへどのようにしてたどり着きましたか?