MenuClose

子育て・教育

小児インフルエンザ予防接種の助成開始についてのお知らせ(2021年9月6日更新)

令和3年10月より未就学児(満1歳~年長児)および15歳*、18歳*へのインフルエンザ予防接種の助成が開始となります ※年度末時点での年齢です。

 令和3年10月より、インフルエンザが重症化する可能性の高い未就学児と、受験期である15歳(中学3年生相当年齢)の方と18歳(高校3年生相当年齢)の方へのインフルエンザ予防接種の助成を開始します。

 

1.対象者および接種回数、1回あたりの助成額

対象者

接種回数

助成額

(1回あたり)

未就学児(満1歳*~年長児):H27年4月2日~R2年9月30日生まれ

*令和3年10月1日時点で満1歳になっている方が対象です。

2回

4,000円

15歳(年度末時点での年齢):H18年4月2日~H19年4月1日生まれ

1回

1,000円

18歳(年度末時点での年齢):H15年4月2日~H16年4月1日生まれ

※未就学児の方については、市内協力医療機関で接種する場合は自己負担額なし(全額助成)で、市外医療機関で接種する場合は、医療機関で  定められた額から助成額(4,000円)を差し引いた額が自己負担額となります。15歳および18歳の方については、医療機関で定められた額から助成額(1,000円)を差し引いた額が自己負担額となります。  

 

2.実施期間

令和3年10月1日~令和4年1月31日(年末年始等の休診日を除く) 

※この期間以外では公費負担は受けられません。

 

3.接種方法

医療機関での個別接種となります。医療機関にご予約の上、接種を受けてください。

○9月中に対象となる方へ市より予診票とご案内を送付いたします。

○市内協力医療機関については、こちらをご参照ください。(予約方法については、各医療機関にご確認ください。)

<持参するもの>

予診票、住所・年齢が確認できるもの(健康保険証等)、母子健康手帳、自己負担金

※予診票を紛失した場合は再発行できます。保健センターの窓口にお越しいただくか、お電話でお申し出ください。電話の場合は、郵送に1週間程度かかります。

※未就学児および15歳の方は、予診票への保護者の署名および保護者の同伴が必要です。

※牛久市から他の市町村に転出した場合は、異動日から予診票は無効となります。

市外医療機関で接種する場合>

 公費負担分(最大4,000円または1,000円)の払い戻しができますので、医療機関へ接種費用を全額お支払いいただき、下記のものをご持参の上、保健センターで申請してください。

なお、申請期間は令和4年2月28日(月)までとなりますので、ご注意ください。

申請に必要なもの

:母子健康手帳、インフルエンザ予防接種領収書、印鑑(認印)、保護者の振込口座(銀行名・支店名・口座番号)の分かるもの

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康づくり推進課です。

保健センター 〒300-1292 茨城県牛久市中央3丁目15番地1

電話番号:029-873-2111(内線1741~1747) ファックス番号:029-873-1775

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

このページに対するご意見やご感想をお聞かせください。なお、寄せられたご意見などへ、個別の回答は行いません。
住所・電話番号など、個人情報を含む内容は記入しないでください。
それ以外の市政に関するご意見・ご提案などはこちら(市政へのご意見・ご提案の受付)からお願いします。

Q1.このページは見つけやすかったですか?
Q2.このページの内容は分かりやすかったですか?
Q3.このページの内容は役に立ちましたか?
Q4.このページへどのようにしてたどり着きましたか?