くらし・手続き

無戸籍の方や住民票がなくお困りの方、ご相談ください(2020年10月5日更新)


戸籍や住民票がなく社会生活に困っている方、何らかの事情で子どもの出生届出ができない方、無戸籍の子どもの検診や就学にお悩みの方など、ご相談ください。

出生届が出されず戸籍がないままとなっている場合でも、一定の要件を満たせば住民票を作ることができる場合があります。また、出生届が出せなくても行政サービスが受けられるものもあります。

無戸籍とは

子どもが生まれたとき出生届出をすることで、その子が戸籍に記載されます。しかし、何らかの事情で出生届がされないと、その子の戸籍がつくられない状態となり、この場合、住民票も作成されず、受けられる行政サービスに制限が出てきます。

無戸籍になる事情の例

・離婚後300日以内に生まれた、前夫ではない男性との子どもを、前夫の子として戸籍に記載されるのを避けるために出生届を出さない場合(民法772条の規定により、離婚後300日以内に生まれた子どもは前夫の子と推定され、前夫ではない男性との子どもであっても前夫の子として戸籍に記載されます)
・その他、経済的な事情や家庭の事情により出生届が出せなかった場合

まずはご相談を

それぞれのご事情や状況により、必要な書類、手続きが変わります。まずは市総合窓口課へご相談ください。ご相談内容は厳守いたします。

受付時間:午前8時30分から午後5時15分まで
担当:市民部総合窓口課

 


関連情報リンク

法務省「無戸籍でお困りの方へ」

法務省「民法772条(嫡出推定制度)及び無戸籍児を戸籍に記載するための手続き等について」

法務省「無戸籍の方が自らを戸籍に記載するための手続き等について」

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総合窓口課です。

本庁舎 2階 〒300-1292 茨城県牛久市中央3丁目15番地1

電話番号:029-873-2111(内線1622~1629) ファックス番号:029-873-2401

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

このページに対するご意見やご感想をお聞かせください。なお、寄せられたご意見などへ、個別の回答は行いません。
住所・電話番号など、個人情報を含む内容は記入しないでください。
それ以外の市政に関するご意見・ご提案などはこちら(市政へのご意見・ご提案の受付)からお願いします。

Q1.このページは見つけやすかったですか?
Q2.このページの内容は分かりやすかったですか?
Q3.このページの内容は役に立ちましたか?
Q4.このページへどのようにしてたどり着きましたか?