くらし・手続き

住宅除染についてのQ&A(2014年7月18日更新)

【質問】測定や除染の実施は先着順ですか

【答え】測定および除染の順番は、放射線量の高低などを総合的に考慮しながら、順番を決定しますので、先着順ではありません。

【質問】誰が申し込むのですか

【答え】以下の表を参考にお申し込みください。

    区  分      . 申込者
  戸建住宅(持家)  所有者
 戸建住宅(賃貸)  所有者または居住者
 集合住宅(分譲)   管理組合
  集合住宅(賃貸)  所有者
  集合住宅(専用庭)  専用庭のある住宅居住者

  住宅の所有者と居住者が異なる場合は、牛久市職員または牛久市が委託した業者が敷地内へ立ち入ること及び放射線量率の測定や除染を実施することについて、申込者以外の所有者や居住者からも同意を得てください。また、関係する管理規約や賃貸借契約の内容をご確認いただき、市が放射線量率の測定や除染作業を実施することに支障がないことを確認した上でお申し込みください。

【質問】費用は無料ですか

【答え】除染についての費用は国の補助金によって賄う予定ですから、皆さんの費用負担はありません。ただし、雨どい下の土砂などを除去した際、元通り埋めるために、お庭の土でないものをご希望の場合などは、原状回復費用がご自身の負担となります。

【質問】牛久市に住民票は無いが、所有する住宅がある場合は、除染対象となりますか。

【答え】この住宅に居住している方がいる場合は、除染の対象となります。人が住んでいる家が優先ですが、居住予定の有無など個別にご相談ください。

【質問】除染の対象はどのように決定されますか

【答え】環境省の除染関係ガイドラインに基づき、放射線量を測定した結果が、地上1mで毎時
0.23マイクロシーベルト以上の箇所について除染を実施します。

【質問】基準を超えていたら必ず除染をしなければなりませんか

【答え】除染は必ず所有者の方の同意をいただいてから行います。
所有者の方の意思に反して除染を行うことはありません。

【質問】なぜ毎時0.23マイクロシーベルト以上なのですか

【答え】市では放射性物質汚染対処特別措置法に基づき除染に取り組み、追加被ばく線量を年間1ミリシーベルト以下にすることを目指しています。追加被ばく線量年間1ミリシーベルトを、建物による放射線の遮蔽効果や、自然放射線の量などを考慮して1時間当たりに算出すると毎時0.23マイクロシーベルトになります。

【質問】除染はどのようにするのですか

【答え】放射線量の測定の結果、毎時0.23マイクロシーベルト以上の箇所について、環境省の除染関係ガイドライン等に基づいて、除染を実施します。例えば、雨どい下の土が原因で空間線量率が高くなっている場合は、この部分の土を取り除いて、敷地内に埋設保管します。

【質問】除去した土壌は引き取ってもらえますか

【答え】市内には除去土壌の仮置き場や保管施設がありませんので、雨どいなどから除去した土砂などは、除染を行った住宅の敷地内に埋設保管していただくこととなります。
なお、ご自身で除染を行った際の除去土壌等を地上保管している場合、ご相談いただければ埋設の処理をします。

【質問】2階のベランダなども除染してくれますか。

【答え】2階以上の壁や雨どい及び屋根の除染については、生活空間における空間線量率の低減への寄与が比較的小さいと考えられることから、除染の対象とはなりません。

【質問】庭全体の表土をはぎ取るのですか。

【答え】庭全体の表土はぎは行いません。

【質問】私道は除染してくれますか。

【答え】私道は除染の対象としていません。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境政策課 放射能対策室です。

本庁舎 3階 〒300-1292 茨城県牛久市中央3丁目15番地1

電話番号:029-873-2111(内線1568~1569) ファックス番号:029-873-7510

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

このページに対するご意見やご感想をお聞かせください。なお、寄せられたご意見などへ、個別の回答は行いません。
住所・電話番号など、個人情報を含む内容は記入しないでください。
それ以外の市政に関するご意見・ご提案などはこちら(市政へのご意見・ご提案の受付)からお願いします。

Q1.このページは見つけやすかったですか?
Q2.このページの内容は分かりやすかったですか?
Q3.このページの内容は役に立ちましたか?
Q4.このページへどのようにしてたどり着きましたか?
知りたい手続き申請
スマートフォン用ページで見る