1. ホーム
  2. くらし・手続き
  3. 防災・安心安全
  4. 放射能関連情報
  5. 放射線分布マップ
  6. 市内公道上の空間放射線量率測定結果(第4回)

くらし・手続き

市内公道上の空間放射線量率測定結果(第4回)(2014年4月15日更新)

市内公道上の空間放射線量率測定結果(第4回)    
空間放射線量率約54%減少(H23.12月比)

 市では、移動型放射線測定装置を用いた車両走行による、市内の主な道路上の空間放射線量率測定をこれまで継続的に実施しております。このほど第4回目の測定結果がまとまりましたのでお知らせします。また、測定やデータのまとめにつきましては、茨城県立医療大学保健医療学部放射線技術科教授の佐藤 斉先生に引き続きご協力していただいております。



第4回測定結果

(測定装置) A2706型:CLER-PULSE
(測定期間) 平成25年11月25日から12月4日
(測定高)   地上1m

市内公道上の空間放射線量率測定結果(第4回)

下記分割図A~Hをクリックすると上記分布図の赤い実線で区切られたA~Hの各分割図が新しいウインドウで拡大表示されます

分割図A 分割図D
分割図B 分割図E 分割図G
分割図C 分割図F 分割図H

 ○線量別の測定データ数(全14,982ポイント)

空間線量率

(μSv/h)
     -0.10 0.10-0.15 0.15-0.20 0.20-0.23 0.23-0.25 0.25-0.30
測定数(個) 8,791 5,515 656 19 0 1
割合(%) 59 37 4 0 0 0


○ 平均値マップによる第1回目との比較

201112平均値マップ 右向き矢印
54%減少
201312平均値マップ
平成23年12月(第1回)   平成25年12月(第4回)

 

測定実施期間 2011/12 2012/6 2013/6 2013/12
測定数(個)  13,453  14,177  15,761  14,982
空間線量率
(μSv/h)
平均値(メッシュ毎)  0.202  0.151  0.111  0.092
最大値(メッシュ毎)  0.271  0.215  0.182  0.135
全測定箇所の最大値  0.440  0.575  0.338  0.250

 市内を300m四方のメッシュで分割して、空間線量率の平均値を求めると、毎時0.23マイクロシーベルトを超えるメッシュは前回に引き続きひとつもありませんでした。2年前に実施した第1回の結果と比較すると空間線量率が約54%減少しています。毎時0.23マイクロシーベルトは年間被ばく線量1ミリシーベルトにあたり、公道上の平均値としては、市除染実施計画の目標としている追加被ばく線量年間1ミリシーベルト以下の環境になっていることがうかがえます。

佐藤先生のコメント

公道上の空間線量率は、放射性セシウムの物理的半減期による減衰と,地形や風雨の効果により減少しています。今後は,健全な生活を維持するために,日常の生活環境中で空間線量率が高い場所について必要な対策を行うことが必要と考えます。


 日常の生活環境中で空間線量率が高い場所について対策を行うことが必要と佐藤先生のコメントにもあります通り、牛久市では現在市内をエリア分けして住宅地の測定を順次実施しております。平成25年度実施分の結果につきましてはこちらをご覧ください。
また、公道上の空間放射線量率測定につきましては26年度も引き続き実施する予定です

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境政策課です。

本庁舎3階 〒300-1292 茨城県牛久市中央3丁目15番地1

電話番号:029-873-2111(内線:環境政策課1561~1563 新エネルギー対策室1565 放射能対策室1568、1569) ファックス番号:029-873-7510

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

このページに対するご意見やご感想をお聞かせください。なお、寄せられたご意見などへ、個別の回答は行いません。
住所・電話番号など、個人情報を含む内容は記入しないでください。
それ以外の市政に関するご意見・ご提案などはこちら(市政へのご意見・ご提案の受付)からお願いします。

Q1.このページは見つけやすかったですか?
Q2.このページの内容は分かりやすかったですか?
Q3.このページの内容は役に立ちましたか?
Q4.このページへどのようにしてたどり着きましたか?
スマートフォン用ページで見る