観光

牛久シャトー

牛 久 シ ャ ト ー 
明治36年(1903年)日本初の本格的なワイン醸造場として完成した「牛久シャトー」。
原材料となる葡萄の栽培から瓶詰めまでを一貫生産する醸造場だけに認められた称号「シャトー(フランス語で城の意味)の名にふさわしく赤煉瓦造りの重厚なたたずまいからは、明治西洋建築の品格があふれています。
平成20年(2008年)には、国の重要文化財に指定されました。
現在はワインの瓶詰めを行うとともに、敷地内にブルワリーを設け地ビールの生産も行っています。

注:牛久シャトーの国指定重要文化財「事務室」(現本館)、「醗酵室」(現神谷傳兵衛記念館)及び「貯蔵庫」(現レストランキャノン)の各建物は、2011年3月11日の東日本大震災により、煉瓦壁体に亀裂が入るなど著しい被害に見舞われ、安全性の観点から一部施設を休業いたしております。また、震災からの復旧工事を行っており、園内には一部立ち入りを禁止している区域がございます。

その他詳細は牛久市観光協会HPでご確認ください。

シャトーカミヤ

シャトーカミヤ

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは商工観光課です。

本庁舎 3階 〒300-1292 茨城県牛久市中央3丁目15番地1

電話番号:029-873-2111(内線1521~1523) ファックス番号:029-871-0111

問い合わせフォームはこちら

アンケート

牛久市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想を下記にご入力し送信ください。
それ以外の市政に関するご意見・ご提案などはこちらからお願いします。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る