MenuClose

環境・まちづくり

社会資本総合整備計画の公表について(2022年3月31日更新)

社会資本整備総合交付金と防災・安全交付金

 社会資本整備総合交付金は、地方公共団体が作成した「社会資本総合整備計画」に基づき、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善及び国土の保全・開発、住生活の安定の確保・向上などを図るため、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を活かせる総合的な交付金として創設されました。

【社会資本整備総合交付金】

民間投資・需要を喚起する道路整備により、ストック効果を高め、活力ある地域の形成を図るなど、競争力強化のための社会資本の総合的整備の交付金です。

【防災・安全交付金】

地域住民の命と暮らしを守る総合的な老朽化対策や、事前防災・減災対策、地域における総合的な生活空間の安全確保などを図るための交付金です。

 

社会資本総合整備計画

 地方公共団体が社会資本整備総合交付金を活用して事業を実施する場合は、社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出するとともに、これを公表することとなっております。

本市では、以下の整備計画を作成し、国土交通大臣に提出しています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは建築住宅課です。

分庁舎 1階 〒300-1292 茨城県牛久市中央3丁目15番地1

電話番号:029-873-2111(内線2561~2564) ファックス番号:029-872-2955

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

このページに対するご意見やご感想をお聞かせください。なお、寄せられたご意見などへ、個別の回答は行いません。
住所・電話番号など、個人情報を含む内容は記入しないでください。
それ以外の市政に関するご意見・ご提案などはこちら(市政へのご意見・ご提案の受付)からお願いします。

Q1.このページは見つけやすかったですか?
Q2.このページの内容は分かりやすかったですか?
Q3.このページの内容は役に立ちましたか?
Q4.このページへどのようにしてたどり着きましたか?