生活・手続き

高齢者肺炎球菌予防接種のお知らせ


 高齢者肺炎球菌は、健康な人でも鼻やのどからみつかる菌ですが抵抗力が弱まると肺炎をはじめ、髄膜炎・敗血症・中耳炎どを引き起こします。特に、肺炎は日本人の死因の第4位でそのうち95%以上が65歳以上の方です。肺炎球菌の予防接種を受けることで肺炎球菌が原因となる肺炎などの感染症を予防し、罹患しても重症化を防ぐことができます。

 

 対象者

 牛久市では、平成22年度から助成を開始しております。22年度に65歳以上の全ての方に、23年度以降は、65歳到達の方に予診票を送付しご案内をしておりました。26年10月に国の予防接種法の改正があり、主に65歳以上の5歳節目の方を対象に全国的に予防接種が開始となりましたが、牛久市では(国の対象者以外も含めた)65歳以上の方全てを対象として事業を継続しております。


 助成内容

・助成額:3,000円

※医療機関が定めた額から3,000円を差し引いた額が自己負担となり、その額は概ね5,000円~7,000円です。
 牛久市の23価肺炎球菌予防接種予診票を提出することで助成が受けられます。

・助成回数:助成は生涯に1回のみ 

※再接種については、肺炎球菌による重篤疾患に罹患する危険性が極めて高い者、及び肺炎球菌特異抗体濃度が急激に
 低下する可能性のある者について、再接種の対象としています。5年以上の間隔をあけて、主治医等とご相談ください。


・接種期限は設けておりません。送付した予診票はいつでもお使いいただけます。


 接種医療機関


〈定期接種の方〉
 65歳~100歳までの5歳節目の年齢の方※は、国の定期接種となり、県内予防接種実施医療機関で牛久市の予診票が使用できます。

※65歳(S27.4.2~S28.4.1生)、70歳(S22.4.2~S23.4.1生)、75歳(S17.4.2~S18.4.1生)、
 80歳(S12.4.2~S13.4.1生)、85歳(S7.4.2~S8.4.1生)、90歳(S2.4.2~S3.4.1生)、
 95歳(T11.4.2~T12.4.1生)、100歳(T6.4.2~T7.4.1生)


〈任意接種の方〉
 66歳(S26.4.2~S27.4.1生)以上99歳(T7.4.2~T8.4.1生)までの上記(定期接種)以外の方は、任意接種となり、
市内予防接種実施医療機関(すこやかp.22-23参照)で牛久市の予診票が使用できます。


〈県外で接種をご希望の方へ〉
 牛久市の予診票は使用できませんので、実施医療機関で全額自費で接種料金をお支払いただいた後、
健康づくり推進課(保健センター)で、払い戻しの手続きをしてください。
手続きの際、以下の3点をお持ちください。

① 領収書{接種日、医療機関、接種内容(23価肺炎球菌)、全額自費でのお支払が明記されているもの}
② 認印
③ 振込先口座の分かるもの(カードや通帳など)

 

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康づくり推進課です。

保健センター 〒300-1292 茨城県牛久市中央3丁目15番地1

電話番号:029-873-2111(内線1741~1747) ファックス番号:029-873-1775

問い合わせフォームはこちら

アンケート

牛久市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想を下記にご入力し送信ください。
それ以外の市政に関するご意見・ご提案などはこちらからお願いします。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る