生活・手続き

  1. ホーム>
  2. 生活・手続き>
  3. 税金>
  4. 住宅借入金等特別税額控除

住宅借入金等特別税額控除


対象となる方

   平成11年から平成18年まで及び平成21年1月1日から平成33年12月31日までに住宅ローン等を利用してマイホームを新築、購入、増改築して入居した方で、所得税の住宅ローン控除の適用がある方。
   なお、平成11年・12年、及び平成13年7月1日から平成18年12月31日までに入居の場合の控除期間は終了しています。

控除される額  

   
    次のいずれか小さい方の額となります。

  1. 所得税から控除しきれなかった住宅ローン控除額
  2. 居住開始年月日が平成26年3月31日までのかた 所得税の課税総所得金額の5%(ただし、最高97,500円が限度)
    居住開始年月日が平成26年4月1日から平成33年12月31日までの方 所得税の課税総所得金額の7%(ただし、最高136,500円が限度)(注)

(注)住宅等にかかる消費税率が8%の場合に適用となりますので、平成26年4月1日以降の入居でも、住宅等にかかる消費税率が5%の場合は、これまでどおり限度額97,500円が適用されます。


適用の方法  

    
   平成22年度からは市役所への住宅ローン控除申告書の提出が原則不要になりましたが、住宅ローン控除を受ける最初の年は税務署での確定申告が必要になります。
   2年目以降は、給与所得のみで勤務先にて年末調整を行われた方については、勤務先から牛久市役所へ給与支払報告書が提出されていれば、ご自身での手続きや申告の必要はありません。
   勤務先から市役所へ給与支払報告の提出がない場合は、勤務先で配布される源泉徴収票を持参いただき、市役所にて住民税の申告をお願いします。
   また、年末調整が行われていない方や給与所得以外の所得がある方は、税務署へ所得税の確定申告をしてください。
   なお、給与支払報告書、源泉徴収票及び確定申告書に「住宅借入金等特別控除(可能)額」や「居住開始年月日」の記載がない場合、住宅ローン控除の適用ができないことがありますので、ご注意ください。

その他

   次のような場合は、住民税の住宅ローン控除は適用されません。

  ・平成19年から平成20年までに入居の方
  ・所得税において住宅ローン控除を全額控除しきっている方
  ・所得税が課税されていない方
  ・住民税が課税されていない方

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課です。

本庁舎 3階 〒300-1292 茨城県牛久市中央3丁目15番地1

電話番号:029-873-2111【内線1051~1054(固定資産税)、1056~1059(市県民税・軽自動車税)】 ファックス番号:029-873-7510

問い合わせフォームはこちら

アンケート

牛久市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想を下記にご入力し送信ください。
それ以外の市政に関するご意見・ご提案などはこちらからお願いします。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る