MenuClose

くらし・手続き

ごみ収集作業中における熱中症対策について(2021年6月15日更新)

ごみ収集作業中のマスク着用について

新型コロナウィルス感染拡大時においても、収集業者一同、収集作業中のマスク着用を義務付けるなど、徹底した感染防止対策を取り、安全なごみの収集運搬を継続して参りました。これは、業者の努力のみならず、市民の皆さまのご協力あってのことと心より感謝申し上げます。

今年は、6月に入り気温と湿度が高い日が続いておりますが、昨年(令和2年)6月には、環境省・厚生労働省より、夏場のマスク着用は、熱中症リスクが高まるため、適宜マスクをはずし、熱中症の予防に努めるよう注意喚起がありました。

特に、ごみの収集現場における気温が高い日の収集作業は、人一倍熱中症のリスクが高まります。そのため、収集作業を行っているとき、屋外で十分な距離が保てる場合、運搬中の人と接触がない場合等は適宜マスクをはずして作業を行うことがございます。

このことにつきまして、皆さまのご理解をいただきますとともに、作業員にお声をかける際には、まず十分距離を確保していただけますようよろしくお願い致します。これからも安全なごみの収集作業を継続できるようご協力をお願い致します。

熱中症予防 - 厚生労働省(pdfファイル)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは廃棄物対策課です。

本庁舎 3階 〒300-1292 茨城県牛久市中央3丁目15番地1

電話番号:029-873-2111(内線1571~1573) ファックス番号:029-873-7510

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

このページに対するご意見やご感想をお聞かせください。なお、寄せられたご意見などへ、個別の回答は行いません。
住所・電話番号など、個人情報を含む内容は記入しないでください。
それ以外の市政に関するご意見・ご提案などはこちら(市政へのご意見・ご提案の受付)からお願いします。

Q1.このページは見つけやすかったですか?
Q2.このページの内容は分かりやすかったですか?
Q3.このページの内容は役に立ちましたか?
Q4.このページへどのようにしてたどり着きましたか?