くらし・手続き

国の緊急事態宣言発令に関する市長メッセージ(2021年8月18日更新)

政府は茨城県を含む7府県を8月20日(金)から緊急事態宣言の対象地域として追加し、これまで6都府県に発令している緊急事態宣言地域とともに、その期間を9月12日(日)までとしました。

そして大井川茨城県知事からは、先に行われた8月16日(月)の臨時記者会見で、県独自の非常事態宣言を発令し、県内全ての病院に対し最大限の病床確保を要請するとともに、県民が一丸となった行動抑制を直ちに実施する必要があるとの強いメッセージが発せられたところです。

市内の感染状況については、これまでに478例の感染が判明しており、6月は34例、7月は71例、8月は17日までに129例と、対前月比で感染者数の倍増が続いており、今までにない急激な増加と、若い人の感染が目立っている状況です。

牛久市では、まん延防止等重点措置の適用となっており、すでに市民の皆様、事業者の皆様には様々なご負担とご協力をいただいているところです。

いまだ収束の兆しが見えないばかりか、生命を脅かす危機的な状況が続いています。私達の身近に迫っている感染症の急拡大、そして医療体制のひっ迫等、深刻な状況をご理解いただき、現場で懸命にご対応されている医療従事者の方々のご負担を少しでも軽減できますよう、宣言における要請についてお一人おひとりの最大限のご協力をお願いいたします。

 

               令和 3年8月18日

牛久市長 根本 洋治

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは牛久市役所です。

アンケート

このページに対するご意見やご感想をお聞かせください。なお、寄せられたご意見などへ、個別の回答は行いません。
住所・電話番号など、個人情報を含む内容は記入しないでください。
それ以外の市政に関するご意見・ご提案などはこちら(市政へのご意見・ご提案の受付)からお願いします。

Q1.このページは見つけやすかったですか?
Q2.このページの内容は分かりやすかったですか?
Q3.このページの内容は役に立ちましたか?
Q4.このページへどのようにしてたどり着きましたか?
スマートフォン用ページで見る