1. ホーム
  2. 市政情報
  3. 市長の部屋
  4. 新型コロナウイルス感染症対策における緊急事態宣言解除に関する市長メッセージ

市政情報

新型コロナウイルス感染症対策における緊急事態宣言解除に関する市長メッセージ(2020年5月15日更新)

新型コロナウイルス感染症対策における緊急事態宣言解除に関する市長メッセージ

令和2年5月15日 牛久市長 根本 洋治

政府は全国に発令した緊急事態宣言について、5月14日に茨城県を含む39県で解除すると発表しました。
新型コロナウイルス感染症対策につきましては、長期間にわたる外出自粛要請や休業要請、そして学校の臨時休校等にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。茨城県における新規陽性者数等の数値は著しく改善しており、牛久市におきましてもこれまでに5人の感染者が確認されておりますが、4月17日以降新たな感染者は発生しておりません。市民の皆様のご協力に対しまして、心から感謝申し上げます。
茨城県では社会経済活動再開に向けた現状認識と考え方として、新型コロナウイルス感染症との闘いが長期戦となることを覚悟し、ウイルスと共生しながら感染症対策と社会経済活動の維持との両立に配慮した取り組みを推進するとの認識を示しました。
そして茨城県の緊急事態措置等について、5月18日から茨城県のコロナ対策指針による一番厳しい規制を示しているステージ4からステージ3に緩和すると発表がありました。(※コロナ対策指針…茨城版コロナNextについて、茨城県ホームページをご参照ください。)
今後の市内の公共施設の再開としましては、茨城県のコロナ対策指針に即して、5月18日より、図書館について開館時間を短縮し資料の貸出・返却に限定して一部再開するなど段階的に緩和してまいります。感染防止対策にご協力いただきご利用をお願い致します。
公共施設の再開に関する情報の詳細については、市ホームページでご確認をお願いします。
茨城県では引き続き陽性者数等が抑制できていれば、さらに対策を緩和し、逆に陽性者数等が増加した場合には対策を強化することとしています。牛久市におきましても感染状況を踏まえ、市内で感染者が発生した場合などは再度対策を強化してまいります。
緊急事態宣言が長期化し、どうにか宣言は解除されましたが、感染症が拡大する前のこれまでのような日常生活にすぐに戻ることは難しい状況です。
国の専門家会議では再度感染が拡大する可能性もあり、長丁場に備え、感染拡大を予防する「新しい生活様式」に移行していく必要があると指摘しており、外出の際のマスク着用や帰宅後の手洗い、人との間隔をとること、毎朝検温するなどといった「新しい生活様式」について提言がなされております。
新型コロナウイルス感染症は、無症状や軽症の人であっても、他の人に感染を広げる例があります。市民お一人おひとりが、日常生活の中で「新しい生活様式」を心がけていただくことで、新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐことができ、ご自身のみならず、大切な人の命を守ることにつながります。
再び感染拡大が起こらないよう市民の皆様には、マスクの着用、手洗い、密集・密接・密閉の3密を避けるなど新しい日常として感染症対策を徹底していただくとともに、緊急事態宣言が継続する東京都・千葉県・埼玉県等との不要不急の往来(帰省・観光等)はお控えいただくようお願いいたします。

 

茨城県発表資料
知事記者会見資料(コロナ対策指針…茨城版コロナNext)(2020/5/15・PDF)

牛久市HPより
市内施設利用制限一覧について
新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」

アンケート

このページに対するご意見やご感想をお聞かせください。なお、寄せられたご意見などへ、個別の回答は行いません。
住所・電話番号など、個人情報を含む内容は記入しないでください。
それ以外の市政に関するご意見・ご提案などはこちら(市政へのご意見・ご提案の受付)からお願いします。

Q1.このページは見つけやすかったですか?
Q2.このページの内容は分かりやすかったですか?
Q3.このページの内容は役に立ちましたか?
Q4.このページへどのようにしてたどり着きましたか?
知りたい手続き申請
スマートフォン用ページで見る