くらし・手続き

各団体・企業からいただいたご支援(2020年5月20日更新)

一般社団法人牛久青年会議所からマスク2,000枚

5月19日(火)、一般社団法人牛久青年会議所からマスク2,000枚が寄贈されました。
理事長の井上健さんは「新型コロナウイルス感染症対策として、市のために何か手伝えることがあればと思い、寄贈しました。マスクが手に届かない人にぜひ届けてほしい」と話していました。寄贈していただいたマスクは、妊娠の届け出をされた方に提供していく予定です。

0519マスク寄贈01

 

 

牛久青年会議所シニアクラブからマスク2,000枚

5月15日(金)、牛久青年会議所シニアクラブからマスク2,000枚が寄贈されました。このマスクは新型コロナウイルス感染症拡大防止の一助として寄贈いただいたものです。市長は、「たくさんの団体からマスクを提供していただき、大変感謝しています。まだまだマスクを必要としている人がいるので早急に届けていきたい」と話していました。寄贈品は、保健センターでの交流や情報交換を希望している身体障がい児や先天性の病気、または医療的ケアの必要なお子さんと家族の交流会、「ひだまりの会」に提供する予定です。

0515マスク寄贈01

 

牛久市建設業協力会からマスク500枚
公益社団法人茨城県宅地建物取引業協会牛久・竜ケ崎支部からマスク500枚
株式会社サカエから消毒液2ケース

5月8日(金)、牛久市建設業協力会からマスク500枚、公益社団法人茨城県宅地建物取引業協会牛久・竜ケ崎支部からマスク500枚、株式会社サカエから消毒液2ケースを寄贈していただきました。
各団体の皆さんは「人々の健康と安全のために活用していただければ幸いです。一刻も早く感染症が収まって、元の生活に戻ってほしい」と切実に話していました。
寄贈品は、民生委員児童委員に配布するほか、公立保育園や子育て広場などで活用する予定です。

建設業からマスク

 

株式会社樹来から

5月7日(木)、株式会社樹来からマスク1,200枚が寄贈されました。
同社は、市内に店舗があることから、新型コロナウイルス感染予防のために役立ててほしいと寄贈いただいたものです。代表取締役の山田克樹さんは「感染が収まらない状況で地域のために何かできることはないかと思い寄贈しました。感染症予防のためにぜひ使ってください」と話していました。市長は、「いまだに購入が困難なマスクを寄贈していただき嬉しく思います。大切に使わせていただきます」と感謝の気持ちを伝えました。

マスク寄贈02

 

株式会社JOGAから

4月16日(木)、株式会社JOGA(つくば市)からマスク1,000枚が寄贈されました。

同社は牛久市のイベントに出展していることから、牛久市にも新型コロナウイルス感染症拡大防止のための地域貢献の一環にと寄贈いただいたものです。代表取締役の仁田さんは「今できることをしなければと思い寄贈しました。地域貢献に利用していただければ幸いです」と話していました。

マスク寄贈1

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書課です。

本庁舎3階 〒300-1292 茨城県牛久市中央3丁目15番地1

電話番号:029-873-2111(内線3201) ファックス番号:029-871-3246

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

このページに対するご意見やご感想をお聞かせください。なお、寄せられたご意見などへ、個別の回答は行いません。
住所・電話番号など、個人情報を含む内容は記入しないでください。
それ以外の市政に関するご意見・ご提案などはこちら(市政へのご意見・ご提案の受付)からお願いします。

Q1.このページは見つけやすかったですか?
Q2.このページの内容は分かりやすかったですか?
Q3.このページの内容は役に立ちましたか?
Q4.このページへどのようにしてたどり着きましたか?
スマートフォン用ページで見る