生活・手続き

産婦健康診査

平成29年7月より、産後のお母さんの健康状態の確認のため、健診費用の助成を開始しました。

1.対象となる方
  平成29年7月1日以降にご出産された方
  (対象となる方には、受診票を配布しています。)

2.助成回数・公費負担額
  1人につき2回まで。1回上限5,000円
  1回5,000円を超えた額につきましては、自己負担となります。

3.健診受診時期
  出産日から概ね2週間後及び1か月後(医療機関と相談し時期を決めてください)
  *医療機関によっては、2週間健診を実施していない場合があります。

4.健診内容
  お母さんの身体や心の健康状態の確認です。
  ・問診・診察(授乳状況、子宮復古状態、悪露、乳房の状態等)
  ・体重・血圧測定・尿検査(蛋白・糖)
  ・産後の気分についての質問票(EPDS質問票)
   *受診票裏面を受診日前日または当日にご記入ください。
  
  *医療として受けたもの(健康保険該当分)は対象となりません。

5.健診方法
  主にお産した医療機関での健診となります。医療機関により、料金の支払い方法が異なります。
  ・以下の医療機関で受ける場合

所在地

医療機関名

牛久市

椎名産婦人科・つくばセントラル病院

牛久市以外

(順不同)

まつばらウイメンズクリニック(阿見町)・筑波学園病院(つくば市)
龍ケ崎済生会病院(龍ケ崎市)・かんの産婦人科クリニック(取手市)
県内の助産所


       ①受診日前日に同封の産婦一般健康診査受診票の表・裏両面をご記入ください。
   ②受診日当日、医療機関に別紙「産婦健康診査の実施について(依頼)」と受診票を提出し受診してください。
   ③1回5,000円を超えた額がある場合は、医療機関に差額分を支払ってください。 

  ・上記以外の医療機関で受ける場合
   ①受診日前日に産婦一般健康診査受診票の表・裏両面をご記入ください。
   ②受診日当日、医療機関に別紙「産婦健康診査の実施について(依頼)」と受診票を提出し受診票への結果記入を
    お願いします。
   ③医療機関に、健診費用の全額を支払ってください。
   ④後日、健康づくり推進課(保健センター)に払い戻しの申請をしてください。

【申請に必要なもの】
 ・申請書「牛久市妊産婦健康診査受診費用助成金支給申請(請求)書」
 ・健診結果が記入された産婦一般健康診査受診票
 ・医療機関等発行の領収書
 ・母子健康手帳
 ・振込みのための口座番号のわかるもの(口座名義は妊婦本人のもの)
 ・印鑑

 *概ね産後6か月までに申請してください。
  
 *その他、下記の場合は健康づくり推進課(保健センター)までお問い合わせください。
 ・2週間健診を実施していない産院でご出産された場合。
 ・1か月健診までに、出産した医療機関で、2週間健診を受けずに母乳外来等でお母さんが指導をうけた場合。




※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康づくり推進課です。

保健センター 〒300-1292 茨城県牛久市中央3丁目15番地1

電話番号:029-873-2111(内線1741~1747) ファックス番号:029-873-1775

問い合わせフォームはこちら

アンケート

牛久市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想を下記にご入力し送信ください。
それ以外の市政に関するご意見・ご提案などはこちらからお願いします。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る