ビジネス・行政

  1. ホーム>
  2. ビジネス・行政>
  3. 各課ブログ配信中>
  4. 2016年(平成28年) >
  5. 7月>
  6. 指導課ブログ「東大生と進路学習会~中根小・ひたち野うしく小サマースクール」2016.7.29公開

指導課ブログ「東大生と進路学習会~中根小・ひたち野うしく小サマースクール」2016.7.29公開

 小中学生にとって、待ちに待った夏休みがやってきました。
 
各校では、夏休みもサマースクールに通う子どもたちの元気な声が響いています。
 
7月25日(月)、中根小学校とひたち野うしく小学校のサマースクールでは、
大学院生を招いて進路学習会を行いました。

 おいでくださったのは、東京大学大学院学校開発政策コースで学ぶ、大学院1・2年生の7名。
その中の一人、大庭 梓(おおばあずさ)さんが大学4年生だった昨年、卒業論文執筆の際に
下根中学校を取材したことが縁で今回の学習会が実現しました。
 小中一貫教育の一つの試みとして下根中学区の3校で計画し、このほど小学校2校で実施しました。

中根小学校での学習会の様子を紹介します。

summer1

 
「苦手な科目があるのですが、どうすれば克服できますか?」
 「小6の頃、どのくらい勉強していましたか?」
 「進路を決めた理由は何ですか?」
 「夢が見つかりません。どうしたらよいですか?
 
子供達からたくさんの質問が寄せられ、学生さんがそれに一つずつ丁寧に答えてくださいました。
 質問の内容は、進路について、学習方法について、将来の夢についてなど多岐にわたり、
最後には「彼女はいますか?」という質問で場が和み、笑いが起こる場面も。

summer2

 「分からないことをそのままにせず、なんでも調べてみることが大切。」
 
「『できた!』という小さな達成感が自分を強くする。」
 
「得意じゃなくても好きなことを続けていたことが、自分の現在につながっていると思う。」
 
「夢はなくてもいい。今、目の前のことをコツコツやっていくことが大事。
  夢を探していた小中学生の頃にコツコツ勉強してきたことが土台になって、
  今いろんな選択肢を持つことができている。」
 
一つ一つの答えの中に、小学6年生に向けたメッセージがたくさん含まれていました。
 きっと、話を聞いた子ども達それぞれが自分の心に響くメッセージを受け止めたことでしょう。
 
6年生からは、お礼に「翼をください」の歌をプレゼントし、進路学習会は終わりました。

 2時間目には、算数の学習に学生さんが参加し、学習支援をしてくださいました。
「単位量あたりの大きさ」の学習を3つのコースに分かれて学習しました。
 
参加した子供達に感想を聞くと、「学習会では、苦手な学習に取り組むヒントを話してくれたので、
話を聞いて頑張れそうな気がしてきた。」「算数を教えてもらったときに、なぜそうなるのかという
理由についても丁寧に教えてくれたので、問題が解けるようになった。」など、喜びの声が聞かれました。

summer5

summer3

 キャリア教育の一環として、大学や将来の夢・職業についても考える機会となった今回の学習会。
 たいへん有意義な時間となりました。

ひたち野小にいらした学生さん
(ひたち野小に来てくれた学生さん)

 

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは指導課です。

第3分庁舎 1階 〒300-1292 茨城県牛久市中央3丁目15番地1

電話番号:029-873-2111(内線3020~3023) ファックス番号:029-873-1238

問い合わせフォームはこちら

アンケート

牛久市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想を下記にご入力し送信ください。
それ以外の市政に関するご意見・ご提案などはこちらからお願いします。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る