文化・スポーツ

  1. ホーム>
  2. 文化・スポーツ>
  3. 稀勢の里関郷土後援会>
  4. 稀勢の里関 プロフィール

稀勢の里関 プロフィール

プロフィール

稀勢の里 (本名:萩原寛・はぎわら ゆたか)
昭和61年7月3日兵庫県芦屋市生まれ。2歳時に龍ケ崎市、中学2年生時に牛久市へ転入。龍ケ崎市立松葉小学校、同市立長山中学校卒。
平成14年2月、鳴戸俊英親方(元横綱隆の里)の鳴戸部屋(千葉県松戸市)へ入門。同年春場所初土俵。
平成16年一月場所、17歳6カ月での幕下優勝は、貴花田(後の横綱貴乃花)、富樫(後の横綱柏戸)に次ぐ歴代3位の若年記録。
同年五月場所で十両昇進。17歳9カ月での十両昇進は、貴花田に次ぐ歴代2位の若年記録。
同年十一月場所で幕内昇進。18歳3カ月での新入幕も、貴花田に次ぐ歴代2位の若年記録。この場所から、しこ名を「萩原」から「稀勢の里」へ改名。
平成18年七月場所で小結昇進。平成21年三月場所で関脇昇進。平成22年十一月場所で、連勝中の横綱白鵬に土をつけ、63連勝でストップさせる。平成24年一月場所で大関昇進。現在、田子ノ浦部屋。

  • 新横綱は平成26年3月場所後の鶴竜以来、史上72人目。昭和以降41人目。平成以降10人目。
  • 田子ノ浦部屋からの新横綱は初めて。
  • 茨城県からの新横綱は稲妻、常陸山、男女ノ川に次いで4人目。日本出身の新横綱は平成10年7月場所の若乃花以来、横綱在位は平成15年1月場所の貴乃花以来。
  • 初土俵以来89場所所要は、昭和以降の新横綱の41人中3位のスロー昇進。
  • 新入幕以来73場所所要は、昭和以降の新横綱の41人中1位のスロー昇進。
  • 新大関以来31場所所要は、昭和以降の新横綱の41人中3位のスロー昇進。
  • 30歳6ヶ月での横綱昇進は、昭和33年以降初土俵での新横綱の21人中4番目の高年齢昇進。


得意技は 左四つ、寄り、 突き。身長187cm、体重175kg (平成29年1月現在)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは市民活動課です。

本庁舎 2階 〒300-1292 茨城県牛久市中央3丁目15番地1

電話番号:029-873-2111(内線1631~1634) ファックス番号:029-873-2512

問い合わせフォームはこちら

アンケート

このページに対するご意見やご感想をお聞かせください。なお、寄せられたご意見などへ、個別の回答は行いません。
住所・電話番号など、個人情報を含む内容は記入しないでください。
それ以外の市政に関するご意見・ご提案などはこちらからお願いします。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る