生活・手続き

  1. ホーム>
  2. 生活・手続き>
  3. 生活・手続きのお知らせ

コンクリートブロック塀の安全点検をしましょう!(2018年6月27日掲載)

ご自宅のブロック塀は安全ですか?

6月に発生した大阪北部を震源とする地震をはじめ、過去の震災で、コンクリートブロック塀が道路側に倒壊し、尊い人命を奪ってしまう事故が発生しています。また、倒壊した塀によって道路が塞がれてしまい、安全に避難することが困難になったり、救助や消防活動の妨げになったりしています。

適正に施工されたコンクリートブロック塀は1平方メートルあたり100~130キログラムの重量があり、もし倒れてきた場合、人力で支えるのは困難です。ブロック塀の管理は所有者の責任です。まずは、ご自宅のブロック塀が安全であるかどうか、安全点検表を使って点検してみましょう。

【コンクリートブロック塀の解説図】

コンクリートブロック塀の解説図建築基準法の基準

(1)ブロック塀の高さは地盤から2.2メートル以下(厚さ15センチメートル以上)、または2メートル以下(厚さ10センチメートル以上)。

(2)高さが1.2メートル以上の塀には3.4メートル以下の間隔で突出が塀の高さの1/5以上の控え壁が必要。

(3)基礎の根入れ深さは30センチメートル以上。

(4)塀の中に太さ9ミリメートル以上の鉄筋が縦横とも80センチメートル間隔以下で配置されており、縦筋・横筋とも末端かぎ状に曲げ互いにかぎかけをしている。

その他、「外部の損傷、ひび割れや傾きがない」等が安全の基準です。
 
また、国土交通省より報道発表がされております。
詳しくは、国土交通省のホームページをご覧ください。
国土交通省 建築物の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検等について
報道発表 建築物の既存の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検について

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは建築住宅課です。

分庁舎 1階 〒300-1292 茨城県牛久市中央3丁目15番地1

電話番号:029-873-2111(内線2561~2564) ファックス番号:029-872-2955

問い合わせフォームはこちら
スマートフォン用ページで見る